日誌的なもの

毎日なんかしら書きたいヤツの日誌

数少ないことの

良い文章に出会うと、書きたくなる。そわそわして、何かないかと辺りを見回してしまう。日誌なんか全然続かないし、特段書くのが好きということはないはずだけど、この気持ちはどこから来るのだろう。不思議だ。デザインで同じようなことを覚えたことがあっただろうか。

何となしに「良い文章」と書いたけど、これ違いますね。正確には「好みの文章に出会うと、書きたくなる」。書き手の美意識のようなものが感じられる文章が好きで、これは自分で自分を理解している、数少ないことの一つ。なぜなら、誰も読んでないこんな日誌にも、美意識がいくらか込められているから。